SSブログ

2007年4月 [掲載情報]


「週間読書人」2007年3月23日号に、白川正芳さんの『埴谷雄高との対話』(慶應義塾大学出版会)の書評を書きました。

「文學界」5月号(7日発売)に、「文学まであと少し」の第14回目「近代日本の物語[ナショナル・ストーリー]」が載ります。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

hill

だいぶ前になりますが、4月の14日、土曜日、
弓道部の公式試合のために、厚木東高校に始めて行きました。
横浜経由で行ったので帰りの途中横浜で下車し、
西口の本屋で、
橋本治著『BA-BAH その他』という短編集を買いました。
読む楽しみとプログに書き込む楽しみの
一石二鳥というやつでしたが
なかなかブログが更新されず、未だに5編しか読んでいません。
でも田中氏推奨の3編は読みました。
曰く、「ありふれた娘」「組長のはまったガンダム」「さらば! 赤い彗星のシャア」
「ありふれた娘」私は涙なくして読めましたが、グッときました。
「組長のはまったガンダム」前編・後編も、おもしろかった。
橋本治氏は、時代とともに生きてるな、と、私は感じました。
というのも私自身は、時代と関係なく生きてきた、
という思いがあり、時代とともに生きてる橋本氏(その他)を
敬畏(?)のこもった目で見いるからです。
こういうのが百くらい集まれば、
たしかに日本のナショナル・ヒストリー(近代日本の物語)に
なるのかなあ、と
書いてる人とそう読んだ人とに感心しています。
いずれ、いずれ、1冊、読みあげるつもりでおります。
by hill (2007-05-27 19:16) 

hill

橋本治著『BA-BAH その他』読み終えました。
4月14日からですから
ゆうに二ヶ月はかかったわけですが、
正味数日で読んだと思います。
つまり読んでいない日数のほうが圧倒的に多いということです。
「裏庭」「BA-BAH」などは怪異譚の部類に入るでしょうか。
私はこういうのはあまり好きではありません。
オカルトとか「世にも不思議な物語」とか、のように。
カトリック正統神秘主義の書き物には
こういう恐れは起こりません。
田中さんが「近代日本の物語」と考えているもののなかにも
こういう部類の短編は
入っていないのではあるまいか、と思われます。
むしろ『生きる歓び』『つばめの来る日』なんかのほうを
読んでみたい気がしました。
by hill (2007-06-20 20:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

2007年3月富山文学読書法について ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。